非日常空間で味わう至高の音楽と食事。「カフェ・オトノヴァ」

カフェ・喫茶

かっぱ橋道具街から少し外れた路地を歩いていると、突然現れる不思議なお店。
今回は「カフェ オトノヴァ」に行ってきました!

隅々までこだわり抜いた音の場

まるでミニチュアが大きくなったような不思議でかわいい雰囲気の外観。
もともと飴の工房兼住居だった築60年の古民家を改築して作られたそうです!

家具や、置物、内装まで、隅から隅まですべてヨーロッパを意識したアンティークのものを使っており、お店に入った途端、別の世界に入り込んだような感覚にさせてくれます。

ケーキがちょこんと並べられたかわいらしいショーケースを眺めつつ、先に会計を済ませて席で店内を眺めていると、入り口にずらっとレコードが!
レコードについて聞いてみると、なんと店主は元々、大手タワーレコードでレコードのバイヤーをやっていたそうなんです。
店内のBGMも、ボサノバ、ジャズ、フレンチを中心に、幅広くセレクトしており、角の無い温かみのある音質が特徴の真空管アンプで流しているそうです。

「音の場を提供するのは、美味しい料理の提供と一緒の感覚」と店主が話していた通り、セレクトから音質まで音響のすべてにもこだわった素敵な空間でした。

空間だけじゃない!洗練された綺麗な盛り付け

サラダランチ、パスタランチと2種類のランチメニューがあるのですが、今回は、パスタランチの「海老とそら豆ののレモンクリームパスタ」にしました。

提供されてまず目についたのが、綺麗な盛り付け!大きめのお皿にちょこんと乗っかるように丁寧に盛り付けてあり、振りかけてある、香草とレモンのピールは、あえてパスタのてっぺんと、お皿の周りだけに散りばめています。

丁寧で綺麗な盛り付けのパスタに、食欲がどんどん掻き立てられます!
一口食べて、驚いたのが海老の大きさ!大きいからこそのプリッとした肉厚な食感に、幸せな気分で満たされていきます。

パスタの麺は「浅草開花楼」という、浅草を代表する製麺所の麺を使っており、ラーメンにも使われることが多い太めの麺です。
味のしっかりしたまろやかなクリームソースに、少しコシのある太麺が絡み、レモンのさわやかさで、すっきりと味を締めてくれます。

また、セットで付いてくるアイスコーヒーは、少し酸味が効いていてすっきりとしているので、パスタなど食事と合わせても美味しくいただける味わいでした。

パティシエの手作りスイーツ

アンティーク調の素敵な空間で、とっても美味しいパスタとコーヒーをいただけて充実したランチタイムを過ごせました。
食事だけでなくスイーツ、お酒なども大人気で、なんとスイーツはすべてパティシエが店内で作っているそうです!
ショーケースから見たスイーツは、見た目も可愛くて、美味しそうなのばかりでした...!

私は1階のカウンターで過ごしたのですが、2階は特に人気が高く、1階より更に光が差し込み、開放的な空間になっているそうです!

みなさんもぜひ、オトノヴァで非日常的な空間と、美味しい食事やスイーツを楽しんでみてください!

カフェ オトノヴァ
住所  : 東京都台東区西浅草3-10-4
営業時間: 12:00~22:00
定休日 : 木曜日、月1回水曜日
電話番号: 050-5595-2889

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

Translate »